このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 市政情報
  3. 財政
  4. 財政状況
  5. 平成26年度決算に基づく「健全化判断比率」および「公営企業資金不足比率」

本文ここから

平成26年度決算に基づく「健全化判断比率」および「公営企業資金不足比率」

更新日:2015年10月9日

 「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の規定による、草津市の平成26年度決算に基づく健全化判断比率および公営企業資金不足比率を算定しましたのでお知らせします。

  • 「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」が平成19年6月に制定されました。
  • 指標は、市監査委員の審査を経て、市議会および市民の皆様へ報告・公表します。

財政健全化判断比率

実質赤字比率

  一般会計等を対象とした実質赤字の標準財政規模に対する比率

連結実質赤字比率

  全会計を対象とした実質赤字(または資金不足)の標準財政規模に対する比率

実質公債費比率

 一般会計等が負担する公債費および公債費に準じた経費の標準財政規模に対する比率

将来負担比率

 地方債残高のほか一般会計等が将来負担すべき実質的な負債の標準財政規模に対する比率
 将来、財政を圧迫する可能性の度合いを示す指標ともいえます。

平成26年度決算に基づく健全化判断比率

昨年度の指標

草津市の指標

早期健全化基準

財政再生基準

実質赤字比率

赤字はありませんでした

赤字はありませんでした

12.10%

20.0%

連結実質赤字比率

赤字はありませんでした

赤字はありませんでした

17.10%

30.0%

実質公債費比率

3.1%

4.3%

25.0%

35.0%

将来負担比率

算定されませんでした

算定されませんでした

350.0%

設けられていません

早期健全化基準:自治体財政のイエローカード(自主的な改善努力による財政健全化)

 「財政健全化計画」を策定し、計画に基づく財政健全化を行うことになります。

財政再生基準:自治体財政のレッドカード(国等の関与による確実な再生)

 「財政再生計画」を策定し、計画に基づく財政再建に取り組むことになります。

資金不足比率

公営企業ごとの資金不足の事業規模に対する比率

 草津市の対象となる公営企業会計は、水道事業会計、下水道事業会計の2会計です。

平成26年度決算に基づく公営企業資金不足比率

草津市の資金不足比率

経営健全化基準

水道事業会計

資金不足はありませんでした

20.0%

下水道事業会計

資金不足はありませんでした

20.0%

担当課からのお知らせ

 実質公債比率の3ヵ年平均(平成24年度~平成26年度)は4.3%であり、前年度比で1.2ポイント上昇しておりますが、県内他市と比較し、最も良好な結果となっております。
 これは、支払利息の削減を目的とした平成26年度借入債からの据置期間の廃止により、起債償還額が前年度比で9.0%の増となったことなどに起因して、平成26年度における単年度実質公債費比率が前年度比で0.79ポイント上昇していることや、特殊要素(公共下水道事業特別会計への繰出金の一時的な減少)によって比率の低かった平成23年度の単年度実質公債費比率(1.24%)が今年度より3ヵ年平均に含まれなくなったことによるものです。今後も引き続き、市債の新規借入にあたっては、将来の財政運営への影響を十分に見極め、基金の活用等を図りながら債務残高の過度な増加を抑制する必要があると考えています。

 また将来負担比率は、将来負担すべき額よりも負担額に充当できる基金等の財源が上回っていることから、昨年度に引き続き算定はされず、県内他市と比較し、最も良好な結果となりました。
 これは、本市がこれまで市債の新規借入額を毎年の元利償還額以内に抑制し、市債残高を削減する取り組みを進めてきたことや、第三セクターと呼ばれる外部団体に対して損失補償契約をしていないことに加えて、基金への積立てを計画的に行い、充当可能な財源が確保されていることなどがその要因として考えられます。
 
 しかしながら、この将来負担比率は、現時点において「確定」している負債のみを対象とした指標ですので、公共施設の老朽化等による大規模な改修経費などの「将来」発生が予想される負債までは考慮されていません。
 本市は、新小学校建設事業や廃棄物処理施設の更新、草津川跡地整備、野村運動公園整備等の中心市街地活性化関連整備事業などの大規模事業に着手していることから、今後、市債の借入額が増加し、比率が一定程度上昇することが予想されます。

 このことから、平成25年10月に策定した草津市財政規律ガイドラインに基づき、実質公債費比率や将来負担比率を含む11の各指標が目標値以内となるよう各取組みを進めるとともに、第5次草津市総合計画と予算編成の連動を図り、事業の見直し・重点化により、引き続き健全な財政運営を行っていきます。

お問い合わせ

総務部 財政課 財政係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2304
ファクス:077-561-2483

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

財政状況

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る