このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 魅力・観光
  3. 公園
  4. 水生植物公園みずの森
  5. 「ヤマサキカズラ」に開花の兆しあり (みずの森)

本文ここから

「ヤマサキカズラ」に開花の兆しあり (みずの森)

更新日:2024年5月10日

珍しい花 開花の兆し

平成30年にみずの森で国内初開花、今回開花すれば4回目(3年連続)となるヤマサキカズラに蕾を2個確認しました。

ヤマサキカズラって?

ヤマサキカズラは、ヤマサキ水草園の代表山崎美津夫氏(注釈)が1982年(昭和57年)10月13日、パプアニューギニアのウェワックにて発見されたサトイモ科のツル性植物で、花が仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる葉苞(ようほう)に包まれるのが特徴です。
仏炎苞に包まれた中央の棍棒状の部分が本当の花で肉穂花序(にくすいかじょ)と呼ばれます。
2002年(平成14年)に山崎氏によってみずの森アトリウム(温室)に約15センチメートルの苗が移植されました。
その後、栽培を続け2018年(平成30年)6月7日、国内初開花を記録しています。
注釈:「崎」の正式表記は「たつさき」

植物の詳細

名称 ヤマサキカズラ
科名 サトイモ科
原産 パプアニューギニア
展示場所 ロータス館アトリウム
開花予想 5月上旬から中旬 注記:詳しい開花状況は、みずの森までお問い合わせください。

ひとつめのヤマサキカズラのつぼみ
現在の蕾の様子(令和6年5月5日撮影)

ふたつめヤマサキカズラのつぼみ
現在の蕾の様子(令和6年5月5日撮影)

料金

観覧にはみずの森への入園料が必要です

ご案内

入園料金
大人300円 高校生・大学生250円 65歳以上150円(中学生以下無料)

休園日
毎週月曜日(ただし、月曜日が休日の場合は次の平日が休園日)

開園時間
通常 午前9時から午後17時(入園と温室観賞は、いずれも閉園30分前まで)

お問い合わせ

草津市立水生植物公園みずの森
〒525-0001 滋賀県草津市下物町1091番地
電話番号:077-568-2332
ファクス:077-568-0955

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

水生植物公園みずの森

このページを見ている人は
こんなページも見ています

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る