このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 健康
  4. お知らせ
  5. 脳脊髄液減少症について

本文ここから

脳脊髄液減少症について

更新日:2018年4月6日

脳脊髄液減少症(のう せきずいえき げんしょうしょう)とは、どんな病気かご存じですか?

 交通事故やスポーツ外傷(すぽーつがいしょう)での後遺症(こういしょう)など、体への強い衝撃により脳脊髄液(のうせきずいえき)が、漏れ続け(もれつづけ)減少することにより頭痛やめまい、吐き気、全身倦怠感(けんたいかん)、耳鳴りなどの症状を引き起こす病気です。髄液(ずいえき)は、血液から作られる無色透明の液体で、クモ膜下腔(くもまっかくう)を循環して、脳や脊髄(せきずい)を衝撃から守ったり、脳や脊髄(せきずい)の機能を正常に保つ働きがあります。

 この病気は、一般社会での認知度が低く、病気のつらさに加え、周りの理解が得られないなど、この病気にかかっている人は苦しい思いをされています。

主な症状

 頭痛、めまい、たちくらみ、頸部(けいぶ)や背部・腰部・目の奥の痛み、視力低下、吐き気、疲労感など、様々な症状が出るのが特徴です。

主な原因

 転落事故(転んで頭を打ったなど)、スポーツ外傷(野球ボールが頭に当たったなど)、交通事故によるむち打ちなどが挙げられます。

対応

 交通事故やスポーツ外傷の後に頭痛やめまいなどの症状が見られる場合には、安静を保ち、医療機関をすみやかに受診するなどの対応が大切です。現在、この病気は、原因を含めて医学的な解明が進められている段階であり、診断や治療方法は確立されていません。診療を行っている医療機関が少なく、受診可能な医療機関に関する情報を得るのは難しい状況です。滋賀県内の診療病院については、くわしくは県ホームページをごらんください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。脳脊髄液減少症(低髄液圧症候群)について(外部リンク)

滋賀県のホームページです

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 健康増進係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2323
ファクス:077-561-2482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る