このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 国民年金
  4. 国民年金保険料を納めるのが困難なとき

本文ここから

国民年金保険料を納めるのが困難なとき

更新日:2019年4月1日

国民年金保険料免除・猶予制度

法定免除

国民年金や厚生年金の、1級または2級の障害年金受給権者や、生活保護法による生活扶助を受けているときなどは、届出により保険料の全額が免除される制度があります。

申請免除

経済的に納付が難しい人は、申請をして日本年金機構の審査で承認されると、保険料の全額または一部の納付が免除される制度があります。

審査は、「申請者本人」、「申請者の配偶者」、「世帯主」それぞれの前年所得などが定められた基準に該当するかで判定されます。それ以外には、災害、失業を理由とするときなどです。

納付猶予制度

50歳未満の人で、経済的に納付が難しい人は、申請をして日本年金機構の審査で承認されると、保険料の納付を猶予される制度があります。

審査は、「申請者本人」、「申請者の配偶者」それぞれの前年所得などが定められた基準に該当するかで判定されます。それ以外には、災害、失業を理由とするときなどです。

(注)納付猶予については、平成28年6月以前の分までは30歳未満の方が、7月以降の分については50歳未満の方が対象となります

免除申請・納付猶予申請の手続きに必要なもの

  1. マイナンバーカードまたは年金手帳 ※マイナンバー通知カードの場合は本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)が必要です。
  2. 認印
  3. 災害や失業を理由とする場合は、災害による被害額や失業を証明する書類(雇用保険受給資格者証や雇用保険被保険者離職票など公的機関が発行する証明書の写し)が必要です。(申請する免除期間により有効期間が変わります。)
  4. 場合により、所得証明書(各種控除、扶養人数も記載されたもの)、委任状など。

(注)毎年度(7月から)申請する必要があります。前年度に全額免除・若年者納付猶予の継続審査の承認を受けた方は手続き不要です。

学生納付特例制度

20歳以上の学生で、本人の前年所得が118万円(扶養親族等がいる場合や社会保険料等の控除があれば金額は変わります。)以下の人が申請して承認されると保険料の納付が猶予されます。

大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、専修学校等に在学する学生が対象です。(夜間部、定時制課程、通信制課程の学生も対象となります。)

学生納付特例の手続きに必要なもの

  1. マイナンバーカードまたは年金手帳 ※マイナンバー通知カードの場合は本人確認できるもの(運転免許証、パスポートなど)が必要です。
  2. 認印
  3. 申請する年度有効の学生証や在学証明書
  4. 場合により、所得証明書(各種控除、扶養人数も記載されたもの)、失業等を証明する書類(申請免除と同じ)、委任状など。

(注)毎年度(4月から)申請する必要があります。

保険料免除期間と受給年金への反映

保険料免除期間と受給年金への反映
  納付 全額免除 一部免除 若年者納付猶予・学生納付特例 未納
障害・遺族基礎(受給資格期間)への反映 反映されます

反映されます

(注釈1)一定条件を満たせば反映されます

反映されます 反映されません
老例基礎年金 受給資格期間への反映

反映されます

反映されます (注釈1)一定条件を満たせば反映されます 反映されます 反映されません
年金額への反映 反映されます (注釈2)反映されます (注釈3)一定条件を満たせば反映されます 反映されません 反映されません
追納   10年以内なら納めることができます(3年度目以降は当時の保険料に、法律で定められた額が加算されます) 2年を過ぎると納めることができません

(注釈1)一部納付保険料を納付した場合に、受給資格期間として反映されます。

(注釈2)国庫負担分が反映されます。
平成21年3月分までの免除期間は全額免除期間の3分の1が反映
平成21年4月分以降の免除期間は全額免除期間の2分の1が反映

(注釈3)
4分の1納付の場合は、8分の5が年金額に反映します。(21年3月分までは2分の1)
2分の1納付の場合は、8分の6が年金額に反映します。(21年3月分までは3分の2)
4分の3納付の場合は、8分の7が年金額に反映します。(21年3月分までは6分の5)

国民年金保険料の産前産後期間の免除制度

出産予定日又は出産日が属する月の前月から4か月間(以下「産前産後期間」といいます。)の国民年金保険料が免除される制度があります。なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3カ月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。
対象となる方は、「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方です。出産予定日の6か月前から提出可能です。

お問い合わせ

健康福祉部 保険年金課 国民年金係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2367
ファクス:077-561-2480

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る