このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 予防接種・健診
  4. お知らせ
  5. 風しんの追加的対策(男性の風しん予防)について

本文ここから

風しんの追加的対策(男性の風しん予防)について

更新日:2019年8月1日

 平成30年7月から、首都圏を中心に風しんが流行しています。患者の多くは30歳代から50歳代の男性ですが、これは、この年代の男性への予防接種がこれまで定期化されておらず、風しんの抗体のある人が少ないことが原因であると考えられます。そこで、特に抗体保有率の低い40歳代から50歳代の男性を対象に、風しん予防の追加的対策として、抗体検査と予防接種を無料で行うこととなりました。
 対象の方は、この機会にぜひ受診し、社会全体で風しんの流行を予防しましょう。

1.対象者

 昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性です。
 このうち昭和47年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性に、令和元年6月下旬に抗体検査や予防接種を受ける際に必要なクーポン券(青色の封筒〉をお送りします。
 昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までに生まれた男性には来年度以降にクーポン券を送付する予定ですが、希望される方には個別にクーポン券を送付しますので、健康増進課にお問い合わせください。

2.抗体検査と予防接種の流れ

抗体検査

 クーポン券が届きましたら下記の実施機関にお問い合わせの上、抗体検査を受けてください。
 その際必ずクーポン券と本人であることが確認できるものを持参してください。
 抗体検査は、医療機関だけでなく、職場等の健診の際に受けることもできますので、職場の担当者にご確認ください。
 抗体検査の結果は、後日、実施機関から連絡されますので、抗体の値が低い(十分な抗体がない〉と判定された方は、予防接種を受けてください。
 定期接種の対象となる抗体価については、クーポン券に同封しています受診票の裏面を参考にしてください。

予防接種

 予防接種を受けるときは、抗体検査の結果(抗体検査受診票など抗体の値のわかるもの)とクーポン券、本人であることが確認できるものを持参してください。
 予約が必要な場合がありますので、事前に下記の実施機関にお問い合わせください。

風しん予防接種について、詳しくはこちらをご覧ください。

注意事項

  • 抗体検査、予防接種とも実施協力医療機関であれば、全国どこの機関でも受けることができます。詳しくは厚生労働省ホームページをご覧ください。
  • 抗体検査、予防接種にお使いいただくクーポン券は、接種等の当日に住民票がある市町村から発行されたクーポン券が必要です。草津市に転入された方には、草津市のクーポン券を発行しますので、ご連絡をお願いします。また、草津市から転出された方は、転出先の市町村から発行されたクーポン券をお使いください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ 抗体検査・予防接種の流れ

3.実施期間

クーポン券の有効期間は、令和2年2月29日(土曜)までです。

4.実施機関

 全国の協力医療機関および特定健診や事業所健診でも受けられます。医療機関で受ける場合は予約が必要な場合がありますので、事前にお問い合わせください。また、事業所健診での実施を希望される場合は、お勤め先にご確認ください。
 草津市内の実施医療機関は下記をご参照ください。最新の情報や市外医療機関等の情報は、厚生労働省のホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ 実施機関一覧

草津市内の実施機関一覧

5.よくあるご質問

Q1 抗体検査を受けずに、予防接種を受けることはできますか?

A  今回の追加的対策では対象者が多いため、ワクチンを有効に活用する観点から、抗体検査の結果、十分な抗体がないと判定された場合のみを定期接種の対象としています。このため、事前の抗体検査が必要となります。ただし、平成26年4月以降に抗体検査を受け、その値が記載された記録を提示できる場合は、医師の判断により受けられる場合がありますので、医療機関でご相談ください。

Q2 クーポン券を紛失したのですが、どうすればよいですか。

A  再発行することができますので、健康増進課へお問い合わせください。

Q3 会社の健診で抗体検査を受けて、予防接種を受けるように言われました。どこに行けばよいですか。

A  全国の協力医療機関で予防接種を受けることができます。実施医療機関は、厚生労働省のホームページでご確認の上、持ち物や実施時間などを事前にお問い合わせください。

Q4 抗体検査を受けた後、草津市から転出しました。予防接種が必要と言われましたが、手元にある草津市の予防接種のクーポン券は使えますか?

A  抗体検査、予防接種とも受けていただく時点でお住いの市町村が発行しているクーポン券を使っていただく必要があります。予防接種を受けるまでに転出先の市町村でクーポン券の発行を依頼してください。

Q5 草津市に引っ越してきたのですが、クーポン券は送ってもらえるのでしょうか。

A  個別に送付させていただきますので、健康増進課にご連絡ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

健康福祉部 健康増進課 健康増進係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2323
ファクス:077-561-2482

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

お知らせ

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る