このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 環境
  4. 温暖化対策
  5. 令和4年度 草津市スマート・エコハウス普及促進事業補助金について

本文ここから

令和4年度 草津市スマート・エコハウス普及促進事業補助金について

更新日:2022年7月8日

草津市では、温室効果ガスの削減や脱炭素社会の実現をめざし、家庭で消費するエネルギーを「減らす」「創る」「賢く使う」取り組みへと広めるため、個人の既存住宅に太陽光発電・エネファーム・蓄電池など、スマート・エコ製品を設置するための費用を補助します。
(参考)
V2H(ヴィークル・トゥ・ホーム):太陽光発電システムと常時接続し、電気自動車等の蓄電池から電力を取り出し、分電盤を通じて、住宅の電力として使用するシステム
HEMS:エネルギー使用状況(電気使用量)を「見える化」し、家電機器を自動制御することで、エネルギーを節約するための管理システム

注意事項

  1. 草津市スマート・エコハウス普及促進事業補助金は、滋賀県(淡海環境保全財団)が実施する淡海環境保全財団スマート・エコハウス普及促進事業補助金制度(以下、「財団補助金」)の上乗せ補助として財団補助金と同額の補助金を交付します。
  2. 令和4年度の財団補助金交付決定通知を受けたスマート・エコ製品が対象です。(草津市の補助制度のみを利用することはできません。)財団補助金の交付決定通知を受け取った後に、市へ申請してください。
  3. 補助を受けたスマート・エコ製品につきましては、法令に基づき、適正に管理をお願いいたします。

補助対象設備

対象のスマート・エコ製品および設備要件・補助要件については、下記のとおりです。
注記:同一のスマート・エコ製品からの更新は対象外です。

住宅用太陽光発電システム

設備要件

固定価格買取制度(FIT)の事業計画認定を受けたものであり、当該認定容量が2kW以上、10kW未満(増設の場合においては、増設分が2kW以上、既設分との合計が10kW未満)のシステムであること。

補助要件

太陽光発電の設置と併せて、2万円以上のHEMSを購入する場合または他のスマート・エコ製品を設置する場合に補助対象とする。

高効率給湯器及び、太陽熱利用システム

高効率給湯器及び、太陽熱利用システムの対象について
製品名

対象製品

設備要件

高効率給湯器
(エネファーム)

一般社団法人燃料電池普及促進協会(FCA)が登録した機器であること。

高効率給湯器
(エネファーム以外)

電気ヒートポンプ給湯器
(エコキュート等)

年間給湯保温効率または年間給湯効率が2.7以上であること。(JIS規格)

または、年間給湯効率が3.1以上であること。(JRA規格)

潜熱回収型ガス給湯器
(エコジョーズ)

給湯部熱効率が90%以上であること。

潜熱回収型石油給湯器
(エコフィール)

連続給湯効率が90%以上であること。

ハイブリッド給湯器

電気式ヒートポンプと潜熱回収型ガス機器を併用するシステムで、ガス機器の給湯部熱効率が90%以上であること。

太陽熱利用システム

JIS規格に準拠しているものまたは一般財団法人ベターリビングの優良住宅部品(BL部品)に認定された機器であること。

補助要件

以下のいずれかの場合に補助対象とする。

  • 太陽光発電と併せて設置する。
  • 既設の太陽光発電を備えている。
  • 停電の際、単独で設備の機能を利用できる。

注記:太陽光発電はいずれも、停電時でも当該設備に給電を継続できるものであること。

(参考)高効率給湯器の買い替え時の補助要件について 
買い替え前の機種

買い替え後の機種

補助対象
高効率給湯器エネファームエネファーム対象外

エコキュート等

エコジョーズ

エコフィール

ハイブリッド給湯器

(エコワン等)

対象外

エコキュート等

エコジョーズ

エコフィール

ハイブリッド給湯器

(エコワン等)

ガスエンジン給湯器

(エコウィル)

エネファーム

対象

エコキュート等

エコジョーズ

エコフィール

ハイブリッド給湯器

(エコワン等)
対象外
従来型

電気温水器

都市ガス給湯器

LPガス給湯器

石油給湯器

高効率給湯器

(エネファーム、エコキュート等、エコジョーズ、

エコフィール、ハイブリッド給湯器)

対象

家庭用蓄電池

設備要件

  • 太陽光発電システムと接続し、同システムが発電する電力を充放電できるもの。
  • JIS規格または一般社団法人電池工業会規格に準じているもの。
  • 蓄電容量(複数台の場合はその合計)が1kWh以上かつ定格出力が500W以上であるもの。

補助要件

以下のいずれかの場合に補助対象とする。

  • 太陽光発電と併せて設置する。
  • 既設の太陽光発電を備えている。

V2H(ヴィークル・トゥ・ホーム)

設備要件

太陽光発電システムと常時接続し、電気自動車等の蓄電池から電力を取り出し、分電盤を通じて、住宅の電力として使用するために必要な機能を有するものであること。

補助要件

以下のいずれかの場合に補助対象とする。

  • 太陽光発電と併せて設置する。
  • 既設の太陽光発電を備えている。

窓断熱設備

設備および補助要件

  • 窓断熱設備設置の際の工法はガラス交換、内窓設置、外窓交換のいずれかとする。
  • 設備を設置する開口部の総面積が8平方メートル以上かつ、施工後の開口部熱貫流率が3.49W/平方メートルK以下となること。
  • 内窓設備の場合は、原則、建具やガラス等の仕様は問わない。

それ以外の工法の場合は、設置する設備が省エネ建材等級ラベル星3の製品であることを基本とし、当該ラベルがない製品を設置する場合は、財団へお問い合わせをお願いいたします。

上記以外の要件等

  1. HEMSは、エネルギーの使用状況(電力使用量)の「見える化」ができること。また、一つ以上の機器に対して、省エネに資する自動制御機能(省エネモードを含む)を有していること。
  2. スマート・エコ製品、HEMSはいずれも未使用であること。
  3. スマート・エコ製品の設置の施工者が滋賀県内事業者(滋賀県内に本店または事務所機能を有する支店等がある事業者)であること、および、HEMSの購入店が滋賀県内販売店であるものに限る。
  4. 同一のスマート・エコ製品からの更新は補助対象外とする。また、高効率給湯器(エネファームおよびガスエンジン給湯器(エコウィル)含む。)から高効率給湯器(エネファーム以外)への更新は補助対象外とする。)

対象のスマート・エコ製品および設備要件・補助要件については、こちらからもご確認いただけます。

補助金額

補助金額 一覧
スマート・エコ製品 補助金額

住宅用太陽光発電システム
注記:設置と併せて2万円以上のHEMSまたは他の補助対象設備を設置することが要件

4万円
高効率給湯器 (エネファーム) 6万円
(エネファーム以外) 2万円
太陽熱利用システム 2万円
家庭用蓄電池 5万円
V2H(ヴィークル・トゥ・ホーム) 4万円
窓断熱設備 2万円

備考:複数の補助対象設備を設置する場合、上限10万円まで申請可能です。

申請期間

令和4年6月13日(月曜)から令和5年3月24日(金曜)まで

補助対象者

次のいずれにも該当する必要があります。

  1. スマート・エコ製品を設置しようとする建物が草津市内に所在し、住居として自ら住居している方(注釈1)
  2. 個人市民税または法人市民税に滞納がない方(注釈2)

注釈1-1:賃貸住宅を除きます。マンション等集合住宅も対象となります。別荘および住宅を店舗・事務所と兼用している場合も対象です。
注釈1-2:別荘として利用している場合も対象です。ただし、登記事項証明書で建物の所有者が申請者もしくは同居家族であり、建物の種類が「居宅」である必要があります。
注釈2:納期が到来しているすべての市民税に未納(分納等を含む)がないことが必要です。

設置工事・購入と申請の流れ

申請の流れ

令和4年4月1日以降にスマート・エコ製品の設置等をした後に、下記の流れに基づいて申請手続きをお願いいたします。
1.財団補助金の交付申請書兼実績報告書の提出

2.財団補助金の交付決定通知

3.市補助金の交付申請書兼実績報告書の提出

4.市補助金の交付決定通知

申請必要書類

提出書類(必須)

  • 交付申請書(様式第1号)
  • 財団補助金の交付決定通知書の写し
  • 財団補助金の交付申請書の写し(財団補助金の交付申請書に添付されている書類は不要です)
  • 個人市民税または法人市民税の納税状況の確認承諾書(様式第7号)
  • 振込先口座の通帳のコピー、または振込先口座のキャッシュカードのコピー(金融機関名、口座番号・名義がわかるもの)

提出書類(任意)

「草津市気候非常事態宣言」賛同書(様式第6号)

申請方法

申請をされる方は下記から必要な様式を印刷して、必要事項を記入後、温暖化対策室(クリーンセンター2階)までご提出ください。
注記:郵送での提出も受け付けております。

補助制度の案内・申請書

補助制度のチラシおよび申請書は、こちらからダウンロードできます。

留意事項

草津市のスマート・エコハウス普及促進事業補助金の申請をしていただく前に、公益財団法人淡海環境保全財団(滋賀県地球温暖化防止活動推進センター)への申請ならびに、財団補助金の交付決定通知を受け取っていただく必要があります。
また、草津市へ申請の際には財団補助金の交付決定通知書の写し及び、交付申請書の写しが必要となります。
財団への申請の詳細については、滋賀県地球温暖化防止活動推進センターのホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。公益財団法人淡海環境保全財団(滋賀県地球温暖化防止活動推進センター) (外部リンク) 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

環境経済部 温暖化対策室 温暖化対策係
〒525-0043 滋賀県草津市馬場町1200番地25
電話番号:077-561-6581
ファクス:077-561-6584

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

温暖化対策

施設案内

よくある質問

情報が
みつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る