このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 子育て応援
  4. お知らせ
  5. 幼児教育・保育の無償化がはじまります

本文ここから

幼児教育・保育の無償化がはじまります

更新日:2019年11月13日

令和元年10月1日から、幼児教育・保育の無償化がはじまります。

1.対象者および対象範囲

(1)幼稚園、保育所、認定こども園等

  • 3~5歳:幼稚園、保育所、認定こども園、地域型保育、企業主導型保育を利用するお子さんの利用料が無償化されます。
  • 0~2歳:上記の施設を利用する「住民税非課税世帯」のお子さんが無償化されます。

(2)幼稚園の預かり保育

「保育の必要性の認定」を受けた場合、幼稚園に加え、預かり保育の利用日数に応じて月額11,300円までが無償化されます。

(3)認可外保育施設等

  • 3~5歳:「保育の必要性の認定」を受けた場合、月額37,000円までが無償化されます。
  • 0~2歳:「保育の必要性の認定」を受けた「住民税非課税世帯」のお子さんについて、月額42,000円までが無償化されます。

留意事項

  • 利用する施設によっては、利用料のすべてが無償とならない場合があります。
  • 利用する施設によって、無償化の内容が異なりますので、よく確認してください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。内閣府「幼児教育・保育の無償化 特設ホームページ」へはこちらから(外部リンク)

2.無償化の対象となるために必要な手続きについて

利用される施設やサービスによって、提出書類や申請手続きが異なります。
下記のチラシにて、それぞれの施設やサービスごとの手続きをご確認ください。

私学助成のある幼稚園とは、草津市内では信愛幼稚園、草津幼稚園、若竹幼稚園です。

認可外保育施設等とは、認可外保育施設、ベビーシッター、一時預かり事業、ファミリー・サポート・センター、病児・病後児保育です。

3.認定申請に必要な書類について

施設等利用給付申請書

申請内容に変更が生じた時に提出する書類です。

認可外保育施設を利用されている場合は、上記様式と併せてこちらの書類を提出してください。

保育の必要性の証明書類

共働きの場合は、それぞれの保護者の就労証明書の提出が必要です。

申請者(保護者)でない方が申請に来られる場合の書類

申請者(保護者)でない方が書類の提出に来られる場合は、必ず次のものを窓口までお持ちください。
1)委任状(保護者の方がご記入ください。)
2)申請者(保護者)の本人確認ができるものの写し
3)代理人の本人確認ができるもの(運転免許証、個人番号(マイナンバー)カード、パスポートなど)

4.給付請求に必要な書類について

給付金による償還払いにかかる手続きについてのご案内

幼稚園・認定こども園・特別支援学校幼稚部の預かり保育事業をご利用の方

認可外保育施設・一時預かり事業・病児保育・ファミサポ事業をご利用の方

施設等利用費の「請求者名」と「振込口座の名義人名」が異なる場合に必要な書類

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども未来部 幼児課 入所・入園係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2365
ファクス:077-561-6780

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る