このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

家庭的保育事業

更新日:2016年3月1日

家庭的保育事業とは

 保育が必要と認められる主として少人数の3歳未満の児童について、家庭的保育者の居宅等において、家庭的保育者による保育を行う事業です。
 平成20年の児童福祉法の改正(平成22年4月施行)により、保育事業の一つとして位置づけられました。
 平成27年度からは、「子ども・子育て支援新制度」において、国の「地域型保育給付」を受ける事業として、市の認可を受けて実施されます。

草津市における家庭的保育の取組み

 草津市では、待機児童の解消と低年齢児保育の充実を目的として、従来の保育所保育に加え、平成22年度から「家庭的保育事業」を実施しています。

 家庭的保育では、人格形成に重要な影響を与える乳幼児の時期に、通常の生活が行われている個人の居宅等で、家族や兄弟姉妹のいるような家庭的な雰囲気の中で育つことができ、子どもの成長と発達をきめ細やかに見守ることができます。事業実施に際しては、保育所と連携しながら、本市の保育ニーズに合った、安全で安心な家庭的保育が実現できるよう取り組んでいます。

保育料はどうなるの?(平成27年度草津市利用者負担額表参照)

利用者負担額(保育料)は、認可保育所と同様、世帯収入に応じた応能負担が適用され、徴収は各施設が行います。
また、利用者負担額(保育料)以外の費用(延長保育料など)は、施設が独自で定める額をお支払いいただきます。それらの金額や詳細については各施設に問い合わせてください。

家庭的保育のフレーム

市(家庭的保育支援者を設置)

  • 家庭的保育者への巡回指導
  • 家庭的保育の入所決定

連携保育所

  • 交流保育、行事等参加
  • 健康診断実施(児童)
  • 代替保育
  • 家庭的保育者への情報提供・相談
  • 3歳進級時の受入れ

1箇所あたり保育児童数3人程度、保育時間8時間を基本とします。(施設によっては、延長保育が有ります)
給食はありません。(弁当、おやつ持参)

3歳児以降については、家庭的保育施設ごとに指定する

「連携保育所」に継続入所扱いで入所していただくことができます。

家庭的保育施設 所在地

家庭的保育施設
家庭的保育室名 所在地 電話番号
 家庭的保育の家
 「メリー
矢橋町 電話:077-567-9971
 家庭的保育の家
 「もものみ
馬場町 電話:077-564-1034
 家庭的保育の家
 「ここみ」
笠山四丁目 電話:077-567-5810
 家庭的保育の家
 「つぼみ
平井二丁目 電話:080-2512-1805
 家庭的保育の家
 「みるく
西矢倉三丁目 電話:077-562-3380
 家庭的保育の家
 「にっこり
下笠町

電話:077-575-2474

保育の様子

保護者の声

  • 家庭的保育という事でアットホームな空間でとても先生方も温かく、一日の様子を細かく教えて下さったり親の不安を取り除くよう細かい対応して頂き、はじめて預ける時は不安でしたが今では毎日朝元気に登園してくれています。
  • 私は初めての子で最初は仕事と育児の両立にとても不安がありましたが、毎日の先生とのやりとりの中で子の様子や家でどうすれば良いか教えていただき不安を解消できました。
  • 例えばトイレットトレーニングが驚くほどスムーズにできました。
  • 自分の子どものように接していただいて甘える時しかる時きちんと区別して、ひとりひとりに合った対応をしてくださるので、成長したなと感じる事ができます。
  • おもちゃも手作りのものや木の材質のあたたかい感じのものが多く、集中して遊ばせてくれるので家に居る時よりじっくり型はめやパズル、ひも通しや粘土で遊んでくれます。
  • また、親の相談にもたくさんのってくれ、とても頼りになる先生です。

Q&A

Q 満3歳になったらその後の保育はどうなるのですか?

A 満3歳になった年度の3月までは家庭的保育を受けられます。その後の保育につきましては、家庭的保育施設ごとに指定する連携保育所に継続入所扱いで入所していただくことができます。
注記:連携保育所以外の保育所を希望される場合は、一般の新規入所申し込みと同じ取扱いになります。

Q 家庭的保育者1人による保育に不安を感じるのですが?

A 家庭的保育については保育士資格を問わない自治体や、家庭的保育者1人で保育を行う自治体もありますが、安全で安心な保育を行うため、草津市では家庭的保育者の資格要件を乳幼児保育・育児の経験のある保育士とし、補助者の設置を制度化しています。
 また、保育士(家庭的保育支援者)により随時巡回指導を行い、保育内容の指導などを行います。

Q どんな部屋で保育をするのですか?見学はできますか?

A 家庭的保育者の居宅等で、1階に整備された保育室です。
事前に各家庭的保育施設に連絡して頂ければ、見学は可能です。
また、幼児課に各保育室の写真や施設配置の状況図がありますので、閲覧のご希望があればお申し出下さい。

Q 子育ての相談や悩みも聞いてもらえますか?

A 家庭的保育者は子育てや保育経験のある保育士ですので気軽にお尋ねください。 また、毎日の保育の様子や家での様子を連絡帳でやりとりしたり、送迎の時にお話させていただいたりしますので、その中で日頃の悩みを相談していただくことができます。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども家庭部 幼児課 指導研修グループ
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-6878
ファクス:077-561-2480

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る