このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 住まい
  4. 住まい
  5. 住まいの安全
  6. 建築物の石綿についての相談窓口を設けています

本文ここから

建築物の石綿についての相談窓口を設けています

更新日:2015年1月26日

アスベストは6種類あることがわかりました。また、規制値が0.1パーセントに強化されています。

アスベストが問題となった平成17年当時は、クロシドライト(青石綿)、アモサイト(茶石綿)、クリソタイル(白石綿)の3種類について使用の恐れがあると考えられていましたが、他に アンソフィライト、トレモライト、アクチノライトの3種類についても使用の恐れがあります。
また、アスベストを含む建材の含有量も1パーセントから0.1パーセントになりました。

建築物のアスベストについての相談窓口を、建築課で設けておりますので、ご相談ください。

なお、アスベストの付着している建物で下記の表の規模のものについて、届出が必要ですので、各機関までお問い合わせください。

相談窓口
対象建築物 根拠法令 問い合わせ機関

(1)耐火建築物又は準耐火建築物における吹付け石綿の除去作業
(2)1)石綿含有保温材、石綿含有耐火被覆材、石綿含有断熱材の解体等の作業
   2)(1)以外の吹付け石綿の除去作業

労働安全衛生法石綿障害予防規則

大津労働基準監督署
(電話:077-522-6641)
(1)建築基準法に規定する耐火建築物又は準耐火建築物で延べ面積500平方メートル以上のもの(「特定耐火建築物等」)の解体作業で、吹付け石綿の使用面積が50平方メートル以上であるもの
(2)特定耐火建築物の改造又は補修作業で、吹付け石綿の使用面積が50平方メートル以上であるもの
大気汚染防止法

南部環境・総合事務所
環境課
(電話:077-567-5444)

解体建築物の床面積が80平方メートル以上のもの 建設リサイクル法 建築課
(電話:077-561-2378)

関連リンク

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。社団法人 日本作業環境測定協会 のホームページ

石綿含有建材中の石綿含有率等分析機関一覧です。

建築課のページへ移動する

お問い合わせ

都市計画部 建築課 建築指導係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2378
ファクス:077-561-2486

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る