このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

11月は「児童虐待防止推進月間」です

更新日:2018年11月1日

未来へと 命を繋ぐ 189(いちはやく)

平成16年11月に「児童虐待防止法」が施行されました。以来、毎年11月は「児童虐待防止推進月間」とされ、全国各地で児童虐待を防止するための取り組みがなされています。

平成30年度の「児童虐待防止推進月間」の標語は、「未来へと 命を繋ぐ 189(いちはやく)」です。皆さんの見守りが、子どもの虐待を防ぎます。

児童虐待とは?

ひと口に「児童虐待」といっても、殴る・蹴るなどして子どもの身体に直接危害を加える身体的虐待、子どもに暴言を吐いたり、無視したりする心理的虐待など、一般的には4種類に分類されます。

身体的虐待

殴る、蹴る、叩く、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、家の外にしめだす、など

心理的虐待

言葉により脅かす、無視する、きょうだいの間で差別的な扱いをする、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう、など

ネグレクト

乳幼児を家に残して外出する、食事を与えない、ひどく不潔なままにする、自動車の中に放置する、病気やけがをしても病院等に連れて行かない、他の人が子どもに暴力をふるうことを放置する、など。

性的虐待

子どもへの性的行為、性的行為を見せる、ポルノグラフィの被写体にする、など。

「虐待かも」と思ったらすぐにお電話ください

あなたの1本のお電話で救われる子どもがいます。


児童相談所全国共通ダイヤル189 いちはやく。
お住まいの地域の児童相談所につながります(通話料がかかります)。

連絡は匿名で行うことも可能です。
連絡者や連絡内容に関する秘密は守られます。

児童相談所や市の相談窓口に御連絡ください。

虐待は、子どもの「こころ」や「からだ」に大きな傷を残すだけでなく、時には死に至らしめることもあります。
虐待の早期発見と早期対応のためには、子どものまわりにいる人たちによる見守りが重要です。「もしかして虐待かも?」とか、「近所の子どもの様子が気になる」などと感じたら、市や県の相談窓口まで御連絡ください(匿名でもかまいません)。
また、御自身が「出産や子育てに悩んでいる」とか、「子どもとのかかわり方がわからず、手をあげてしまいそう」といった場合でも、遠慮なく御相談ください。

児童虐待についての相談先一覧はこちら(別ウインドウで開きます)

相談先一覧

お問い合わせ

子ども家庭部 子ども家庭課 家庭児童相談室
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2373
ファクス:077-561-6780

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る