このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 税金
  4. 市県民税
  5. 個人の市県民税
  6. 税制度改正の関係
  7. 平成25年度市・県民税の改正点

本文ここから

平成25年度市・県民税の改正点

更新日:2014年2月5日

生命保険料控除

 平成24年1月1日以降に締結した保険契約(以下、新契約)から、生命保険料控除の計算が変わります。医療保険や介護保険を対象とした介護医療保険料控除が新たに設けられ、一般生命保険料控除や個人年金保険料控除の適用限度額が引き下げられます。

 平成23年12月31日までに締結した保険契約(以下、旧契約)は、従前の計算が適用されます。ただし、平成23年12月31日までに締結した保険契約でも、平成24年1月1日以降に更新などをした場合は、新しい計算方法が適用されます。

新契約の計算方法

 一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除をそれぞれ計算して合算します。それぞれの限度額は28,000円、合計した限度額は70,000円です。

新契約の計算表
年間の支払保険料等 生命保険料控除額
12,000円以下 支払保険料の金額
12,000円超32,000円以下 支払保険料の金額×2分の1+6,000円
32,000円超56,000円以下 支払保険料の金額×4分の1+14,000円
56,000円超 28,000円

旧契約の計算方法 (平成24年度と同じ)

 一般生命保険料控除、個人年金保険料控除をそれぞれ計算して合算します。それぞれの限度額は35,000円、合計した限度額は70,000円です。

旧契約の計算表
年間の支払保険料等 生命保険料控除額
15,000円以下 支払保険料の金額
15,000円超40,000円以下 支払保険料の金額×2分の1+7,500円
40,000円超70,000円以下 支払保険料の金額×4分の1+17,500円
70,000円超 35,000円

新契約と旧契約の両方で控除を受ける場合の計算方法

 一般生命保険料控除と個人年金保険料控除それぞれで、「1.新契約のみで申告」「2.旧契約のみで申告」「3.新契約と旧契約の両方で申告」のいずれかを選択できます。

 「3.新契約と旧契約の両方で申告」の場合は、新契約分と旧契約分をそれぞれの計算方法で算出して、合算します。限度額は28,000円です。

お問い合わせ

総務部 税務課 市民税係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2309
ファクス:077-561-2479

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る