このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 戸籍・住民票
  4. お知らせ
  5. 令和元年11月5日から住民票やマイナンバーカード、印鑑登録証明書に旧姓(旧氏)が併記できます

本文ここから

令和元年11月5日から住民票やマイナンバーカード、印鑑登録証明書に旧姓(旧氏)が併記できます

更新日:2019年10月17日

旧姓(旧氏)併記制度について

 旧姓とは、その人の過去の戸籍上の氏のことです。
 住民票やマイナンバーカードに旧姓が併記されることで、婚姻などで氏に変更があった場合でも、各種の契約や銀行口座の名義に旧姓が使われる場面で、その証明に使えたり、就職・転職時など、仕事の場面でも旧姓で本人確認ができたりします。
 旧姓を初めて併記する場合には、本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から1つを選んで併記することができます。

申請方法

 記載を希望する方は、住所地の市町村で請求手続きが必要です。
 手続きには、下記の書類が必要です。

  1. 戸籍謄本(当該旧姓が記載されている戸籍謄本から現在の氏が記載されている戸籍謄本)
  2. マイナンバーカードまたは通知カード(お持ちの方)
  3. 本人確認書類(運転免許証など)

 旧姓(旧氏)併記について、詳しくは総務省ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

まちづくり協働部 市民課 戸籍住基係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2344
ファクス:077-561-2492

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る