このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. くらし・手続き
  3. 税金
  4. 固定資産税・都市計画税
  5. 固定資産税・都市計画税について
  6. 「わがまち特例」による固定資産税の特例措置

本文ここから

「わがまち特例」による固定資産税の特例措置

更新日:2021年10月7日

「わがまち特例」とは

平成24年度税制改正により、地方税の特例措置について、国が一律に定めていた内容を地方自治体が自主的に判断し、条例で決定できるようにする仕組み「地域決定型地方税制特例措置(通称:わがまち特例)」が導入されました。このことを受け、「わがまち特例」の対象となる下記の資産について、草津市税条例により課税標準額の特例割合を定めています。

特例手続きおよび申請書のダウンロード

固定資産税の課税標準の特例の適用を受けようとする方は、申告書および必要書類の提出が必要となります。詳細につきましては、下記までお問い合わせください。

ダウンロード

「わがまち特例」の対象となる資産

中小事業者等が認定先端設備等導入計画に従って取得した先端設備等(地方税法附則第64条)

対象資産

中小事業者等が、認定先端設備等導入計画に従って取得した事業用家屋と、構築物・機械・装置・器具・備品などの償却資産で、生産、販売活動等の用に直接供されるもの。

  • 事業用家屋は取得価額の合計額が300万円以上の先端設備等とともに導入されたもの
  • 構築物は、旧モデル比で生産性が年平均1%以上向上するもの

取得時期

令和3年4月1日から令和5年3月31日までの期間内に取得したもの

特例措置・期限

新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分
に軽減

申請様式および添付書類

  • 固定資産税の課税標準の特例に関する申告書(先端設備等導入計画用)
  • 先端設備等導入計画および認定書の写し
  • 工業会等証明書の写し
  • リース会社が申請する場合は、併せて「リース見積書」および「固定資産税軽減計画書の写し」

関連リンク

生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定申請について

事前に、生産性向上特別措置法に基づく「先端設備等導入計画」の認定を受ける必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

保育施設

保育施設

対象資産 特例措置

家庭的保育事業
(地方税法第349条の3第28項)

家庭的保育事業の用に供する家屋および償却資産
家庭的保育事業とは、保育者の居宅等において、少人数の3歳未満の児童の保育を行う事業のことをいいます。)

  • 3分の1に軽減
  • 都市計画税の適用あり

居宅訪問型保育事業
(地方税法第349条の3第29項)

居宅訪問型保育事業の用に供する家屋および償却資産
(居宅訪問型保育事業とは、障害・疾患などで個別のケアが必要な場合などに、保護者の自宅において1対1で保育を行う事業のことをいいます。)
  • 3分の1に軽減
  • 都市計画税の適用あり

事業所内保育事業(利用定員5人以下)
(地方税法第349条の3第30項)

事業所内保育事業の用に供する家屋および償却資産
(事業所内保育事業とは、会社の事業所の保育施設などで、従業員の子どもと地域の子どもと一緒に保育を行う事業のことをいいます。)
  • 3分の1に軽減
  • 都市計画税の適用あり

特定事業所内保育事業
(地方税法附則第15条第34項)

特定事業所内保育施設の用に供する家屋および償却資産(有料で借り受けたものを除く)
(特定事業所内保育施設とは、児童福祉法の許可外施設のうち、子ども・子育て支援法に基づく政府の補助を受けて、事業主が雇用する労働者の子どもの保育を実施する保育施設のことをいいます。)
取得時期
平成29年4月1日から令和5年3月31日の間に、政府の補助を受けて特定事業所内保有施設として利用する資産

  • 特定事業所内保育施設に係る政府の補助を受けた年度の翌年度から5年度分
  • 3分の1に軽減
  • 都市計画税の適用あり

サービス付き高齢者向け賃貸住宅(地方税法附則第15条の8第2項)

対象資産

サービス付き高齢者向け賃貸住宅(家屋
※サービス付き高齢者向け賃貸住宅とは、高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づき登録を受けたサービス付き高齢者向け住宅のことをいいます。

取得時期

平成27年4月1日から令和5年3月31日までの間に新築された資産

特例措置・期限

  • 新たに固定資産税が課税されることとなった年度から5年度分
  • 3分の1に軽減

再生可能エネルギー発電設備(地方税法附則第15条第27項)

対象資産

電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法に規定する再生可能エネルギー発電設備のうち、再生可能エネルギー源を電気に変える設備以外の設備(償却資産

取得時期

令和2年4月1日から令和4年3月31日までの間に新たに取得した資産

特例措置・期限

新たに固定資産税が課税されることとなった年度から3年度分

特例措置
  資産 軽減率
第1号

イ:太陽光発電設備(出力1000kw未満)
ロ:風力発電設備(出力20kw以上)
ハ:地熱発電設備(出力1000kw未満)
二:バイオマス発電設備(出力10000kw以上20000kw未満)

3分の2に軽減
第2号

イ:太陽光発電設備(出力1000kw以上)
ロ:風力発電設備(出力20kw未満)
ハ:水力発電設備(出力5000kw以上)

4分の3に軽減

第3号

イ:水力発電設備(出力5000kw未満)
ロ:地熱発電設備(出力1000kw以上)
ハ:バイオマス発電設備(出力10000kw未満)

2分の1に軽減


申請様式および添付書類

  • 固定資産税の課税標準の特例に関する申告書
  • 再生可能エネルギー事業者支援事業補助金交付決定通知書の写し

下水道施設

下水道施設
  対象資産 取得時期 特例措置

汚水または廃液処理施設
(地方税法附則第15条第2項第1号)

水質汚濁防止法に規定する特定施設または指定地域特定施設を設置する工場または事業場の汚水または廃液を処理する施設(償却資産)

令和2年4月1日から令和4年3月31日までの間に取得した資産

2分の1に軽減

下水道除害施設
(地方税法附則第15条第2項第5号)

公共下水道施設の機能を妨げまたは損傷するおそれのある下水を排出している使用者が、下水道法施行令で定める基準に従い、下水の障害を除去するために設けた施設(償却資産)

令和2年4月1日から令和4年3月31日までの間に取得した資産

4分の3に軽減


災害対策

災害対策
対象資産 備考

津波対策用施設
(地方税法附則第15条第23項)

現在、草津市は津波防災地域づくりに関する法律に規定する推進計画区域に該当しないので、特例の適用はありません。

指定避難施設避難用部分
(地方税法附則第15条第24項第1号)

現在、草津市は津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災警戒区域に該当しないので、特例の適用はありません。

協定避難施設協定避難用部分
(地方税法附則第15条第24項第2号・第3号)

現在、草津市は津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災警戒区域に該当しないので、特例の適用はありません。

指定避難施設に附属する避難の用に供する償却資産
(地方税法附則第15条第25項第1号)

現在、草津市は津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災警戒区域に該当しないので、特例の適用はありません。

協定避難施設に附属する避難の用に供する償却資産
(地方税法附則第15条第25項第2号)

現在、草津市は津波防災地域づくりに関する法律に規定する津波防災警戒区域に該当しないので、特例の適用はありません。

浸水防止用設備
(地方税法附則第15条第30項)

現在、草津市には地下街等に該当する施設がないので、特例の適用はありません。

浸水被害軽減地区の指定を受けた土地
(地方税法附則第15条第42項)

現在、草津市は水防法に規定する浸水被害軽減地区に該当しないので、特例の適用はありません。

雨水貯留浸透施設
(地方税法附則第15条第46項)

現在、草津市は特定都市河川浸水被害対策法に規定する特定都市河川流域に該当しないので、特例の適用はありません。


市民緑地(地方税法附則第15条第35項)

対象資産

都市緑地法により指定された緑地保全・緑化推進法人が、認定計画に基づき設置した市民緑地の用に供する土地(有料で借り受けたものを除く)

取得時期

平成29年6月15日から令和5年3月31日の間に市民緑地として利用する資産

特例措置・期限

  • 市民緑地を設置した年度の翌年度から3年度分
  • 3分の2に軽減
  • 都市計画税適用あり

都市再生特別措置法に基づき認定事業者が取得する一定の公共施設等(地方税法附則第15条第16項)

現在、草津市は都市再生特別措置法に規定する都市再生緊急整備地域に該当しないので、特例の適用はありません。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部 税務課 資産税係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2310
ファクス:077-561-2479

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る