このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
草津市
  • 音声読み上げ・配色変更・文字拡大
  • Foreign language
  • 携帯サイト
  • 検索の方法
  • くらし
  • 子育て
  • 福祉・健康
  • 学ぶ・楽しむ
  • 市政情報
  • 施設案内
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価、平成30年度設計業務委託等技術者単価の運用に係る特例措置およびインフレスライド条項の運用について

更新日:2018年3月9日

平成30年3月から適用する公共工事設計労務単価(以下「新労務単価」という)および平成30年度設計業務委託等技術者単価(以下「新技術者単価」という)については、平成29年度当初の公共工事設計労務単価(以下「旧労務単価」という)および平成29年度設計業務委託等技術者単価(以下「旧技術者単価」という)に比べ大きく上昇していることから、草津市では、以下のとおり特例措置等を定めます。

1 特例措置

内容

平成30年3月から適用する新労務単価・新技術者単価に係り、工事および建設コンサルタント業務等の受注者は、旧労務単価・旧技術者単価に基づく契約を新労務単価・新技術者単価に基づく契約に変更するための契約金額の変更の協議を、草津市建設工事請負契約約款第53条、草津市設計監理業務等委託契約約款第21条、草津市長期監理業務等委託契約約款第21条に基づき請求することができます。

対象

平成30年3月1日以降に契約を締結する工事および建設コンサルタント業務等のうち、旧労務単価・旧技術者単価を適用して予定価格を積算しているもの

請負代金額・業務委託料の変更

新労務単価・新技術者単価および当初契約時点の物価により積算された予定価格に、当初契約の落札率を乗じて算出された請負代金額・業務委託料に、変更契約を行います。

2 インフレスライド条項(草津市建設工事請負契約約款第25条第6項)

対象

平成30年2月28日以前に契約を締結した工事のうち、3月1日において工期の始期が到来しているもの。ただし、残りの工期が基準日から積算して2か月未満の案件は、対象外となります。

3 協議の方法

「1 特例措置」については、別紙の協議書の提出により行うものとします。
「2 インフレスライド条項(草津市建設工事請負契約約款第25条第6項)」については、滋賀県の運用マニュアルに基づいて対応します。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。工事請負契約約款第25条(スライド条項)について(滋賀県監理課)(外部リンク)

4 留意事項

特例措置等により変更契約を行った場合は、下請業者との間で既に締結している請負契約等の金額の見直しや、技能労働者への賃金水準引上げ、社会保険等への加入促進等について、適切に対応されるようお願いします。

ダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

総務部 契約検査課 契約検査係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2307
ファクス:077-561-2490

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで

サブナビゲーションここから

入札・契約情報

情報が見つからないときは

よくある質問

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

草津市役所

〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分(土曜日、日曜日、祝日及び年末年始は休み)
電話:077-563-1234(代表)(開庁時間以外は守衛室 電話:077-561-2499)FAX:077-561-2483
Copyright © 2013 Kusatsu City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る