このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

現在のページ

  1. トップページ
  2. 子育て・教育
  3. 保育・教育
  4. 保育所(園)
  5. 令和3年度 認可保育施設の新規申込み

本文ここから

令和3年度 認可保育施設の新規申込み

更新日:2020年9月9日

令和3年度 認可保育施設の新規入所申込について                                                         

申込対象となるのは、下記の1および2を満たす子どもです。

  1. 草津市に住んでいる(住民登録がある)または、令和3年3月31日までに草津市に住民登録がある生後2~6か月(施設により異なる)以上から就学前(一部2歳児までの場合あり)までの子ども。
  2. 教育・保育給付認定を受けた子ども。

教育・保育給付認定は、その子どもを養育する保護者のいずれもが「保育を必要とする事由」を備えている場合に、保育の必要性について認定を受けるものです。詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

受付場所 

草津市役所 さわやか保健センター 2階 幼児課 または 第1希望の認可保育施設

※新型コロナウイルス感染症対策のため、市役所または保育施設を訪れる場合は、必ずマスクを着用してください。また、入り口で手指の消毒にご協力いただくようお願いします。
※新型コロナウイルス感染症対策のため、当面の間、郵送での入所申込も受け付けています。詳しくは、下記リンク先をご確認ください。
    保育所等の入所申込の郵送対応について(新型コロナウイルス感染症対策)

受付期間

  • 第1次調整 : 令和2年10月15日(木曜)~令和2年10月30日(金曜)午前8時30分~午後5時15分まで 
  • 結果通知(令和3年1月中旬頃)

※下記の期間については、別会場にて受付します。  
期間 : 10月15日(木曜)、16日(金曜)、18日(日曜) 午前9時~午後5時まで
会場 : 草津市役所 さわやか保健センター 1階 視聴覚室

  • 第2次調整 : 令和2年11月2日(月曜)~令和2年12月15日(火曜)午前8時30分~午後5時15分まで  
  • 結果通知(令和3年2月中旬頃)
  • 第3次調整 : 令和2年12月16日(水曜)~令和3年2月15日(月曜)午前8時30分~午後5時15分まで 
  • 結果通知(令和3年3月10日頃)

募集人数

令和3年度の各施設における募集人数については、下記をご覧ください。

また各施設の保育内容(保育時間等)については、下記リンク先「保育所・幼稚園等ガイドブック」の「令和2年度施設紹介版」⇒「施設一覧、マップ、保育内容比較一覧」をご覧ください。
令和3年度4月に新規開園予定の施設については、下記リンク先「令和3年度開園認可保育施設等」をご覧ください。

保育所・幼稚園等ガイドブック

令和3年度開園認可保育施設等

申込書等配布場所

さわやか保健センター2階 幼児課または各認可保育施設で配布しています。
※下記リンク先からダウンロードいただけます。

申込書類

以下の書類をご準備いただき、原則として保護者の方が直接提出してください。

  1. 保育所等入所(園)申込書
  2. 教育・保育給付認定申請書(法第19条第1項第2号・第3号)兼児童台帳
  3. 保育を必要とする事由の証明書類(保護者いずれも必要)
※保育を必要とする事由と申込書類
 
保育を必要とする事由申込書類
就労(1か月60時間以上の就労)会社勤務の場合
  • 就労証明書(市様式)

 (共働きの場合、父母各1部が必要)

自営業の場合
  • 就労証明書(市様式)および開業届や確定申告書の写しなどの営業実態を確認できる書類

妊娠、出産

(入所できるのは、出産月を除いた産前2か月、産後6か月まで)

  • 生まれる、または生まれた子の母子健康手帳の写し

      ⇒父母の氏名・出生の年月日
        または分娩予定日欄が必要
または

  • 診断書(市様式)

      ⇒疾病・障害と同じ様式を使用してください

疾病、障害
  • 診断書(市様式) または
  • 身体障害者手帳、精神障害者保険福祉手帳、療育手帳
同居の親族の介護・看護
  • 被介護者、被看護者の診断書(市様式) または
  • 各種手帳など

災害復旧に従事

  • 災害の復旧にあたっていることが確認できる書類

求職活動、起業準備

(入所できるのは、3か月まで)

  • 求職活動をすることの誓約書(市様式)
就学(職業訓練校などにおける職業訓練を含む)
  • 就学証明書(市様式) または
  • その他就学を証明する書類および時間割や就学期間などが分かる書類
虐待やDVのおそれがあること
  • 公が発行する書類

育児休業取得時に、既に保育を利用している子どもがいて継続利用が必要であること

(育児休業取得期間)

  • 育児休業の期間が確認できる書類 または
  • 育児休業の期間、復帰予定日が明記された就労証明書(市様式)

その他、上記に類する状態として市が認める場合

  • 市の処遇委員会などにおいて、認定された子どもを入所させる場合
  • その他家庭で保育ができないと客観的に認める場合
  • 市が必要と認める書類(事由による)

書類提出・作成にあたっての注意事項

(1)本人確認について

申込にあたっては、マイナンバーの記入が必要となります。提出いただく際に本人確認を行っておりますので、以下の書類を提示していただくようお願いします。
なお、マイナンバーをお知らせするための「個人番号通知書」はマイナンバーの確認および本人を確認する書類として使用できませんので、ご注意ください。

 番号確認および本人確認書類
 

番号確認

本人確認

1.個人番号カード(顔写真付のカード)

次のいずれか1つの書類

2.通知カード(記載内容が住民票と全て一

 致している場合のみ使用可能)

3.個人番号が記載された住民票の写し・

 住民票記載事項証明書    など

4.免許証やパスポート、身体障害者手帳など、顔写真付の公的

 機関が発行した物

 (1.氏名、2.生年月日または住所が記載されているもの)

5. 4が無い場合は以下のうち2点以上の書類

 ・健康保険被保険者証  ・年金手帳

 ・住民票の写しまたは住民票記載事項証明書

 ・その他顔写真なしの身分証明書

(2)代理人による申請について

申請者(保護者)でない方が書類の提出に来られる場合は、必ず次のものを窓口までお持ちください。
 1.委任状(保護者の方がご記入ください)
 2.申請者(保護者)の本人確認ができるものの写し
 3.代理人の本人確認ができるもの
注記:本人確認書類(の写し)は、上記(1)と同様です。不足がないように注意してください。

(3)その他留意事項

  • 書類に不備がある場合、原則、受付できません。期日までに余裕をもってご提出ください。
  • 申請の内容が事実と異なる場合は、教育・保育給付認定や保育施設の利用の内定・決定を取り消します。
  • 入所申込みは、年度内に限り有効となります。R4年度以降の入所申込については、別途手続きが必要です。

入所申込内容の変更について

書類提出後、希望先等の変更をされる場合は、来庁による手続きまたは電子申請にて変更してください。
電子申請は下記リンク先から行うことができます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。入所申込内容変更(電子申請リンク)

教育・保育給付認定とは?

幼稚園や認可保育施設で教育・保育を受けるために必要となる、「教育・保育の必要性」について、認定するものです。
教育・保育給付認定は、子どもの年齢・利用を希望する施設の種類・保護者の状況によって、1号、2号、3号認定のいずれかを受けることができます。

教育・保育給付認定の区分

教育・保育給付認定の区分により、施設の利用可能時間が(教育・保育時間)が異なります。

認定区分表  
 

主な施設

対象となる子ども

設定区分

教育・保育時間

(1)幼稚園

(2)認定こども園

(1)4歳以上の就学前の子ども

(2)満3歳以上の就学前の子ども

1号認定教育標準時間

認可保育所(園)

認定こども園

満3歳以上で、保護者の就労や疾病

などにより、保育を必要とする子ども

2号認定

保育標準時間

保育短時間

認可保育所(園)

認定こども園

家庭的保育施設

小規模保育施設

満3歳未満で、保護者の就労や疾病

などにより、保育を必要とする子ども

3号認定

保育標準時間

保育短時間

保育必要量

保育を利用する場合は(2号、3号認定)は、保護者の働き方などの状況に合わせて、施設の利用可能時間である「保育必要量」が認定されます。
保育必要量には、「保育標準時間」と「保育短時間」があります。

保育の必要量  
 
教育・保育時間就労時間 ※1施設利用可能時間 ※3備考 ※4
保育標準時間120時間以上/月 ※211時間/日主にフルタイム就労の方
保育短時間60時間以上/月8時間/日主にパートタイムの就労の方

※1 就労・就学時間には、休憩時間を含みます。
※2 保育標準時間の算定のみ、通勤・通学時間を含みます。
※3 開園・閉園の時間は、施設により異なります。
※4 就労・就学以外の認定事由についても、保護者の状況に応じて「保育必要量」が認定されます。

利用者負担額(保育料)について

利用者負担額は、所得に応じた負担を基本とし、国が定める水準を上限として、市が設定します。
令和2年または令和3年1月1日に草津市に住民登録がなく、住民税の申告ができていない方は、子どもの各扶養義務者の当該年度の課税証明書(非課税証明書)を提出していただく必要があります。

保育の必要量の認定(保育標準時間または保育短時間)によって、利用者負担額が異なります。

保育の必要量の認定(保育標準時間または保育短時間)によって、保育所(園)の利用時間が決定します。それぞれの利用時間以外で利用する場合、延長保育料が必要です。
利用者負担額表については、下記リンク先からご覧ください。

認可保育所(園)等利用者負担額(保育料)について

各種書類ダウンロード

ぶらんこ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

子ども未来部 幼児課 入所・入園係
〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号
電話番号:077-561-2365
ファクス:077-561-6780

このページの作成担当にメールを送る

本文ここまで


以下フッターです。
Copyright © 2018 Kusatsu City.
フッターここまで
このページの上へ戻る